らんざん紅葉だより2014
  1. 嵐山町旅の達人 ホーム
  2. 観る 
  3. 嵐山渓谷
  4. らんざん紅葉だより2014
その日の様子を現地取材・リアルタイム発信するさくら開花情報「都幾川桜堤 さくらだより2017」

イベントのお知らせ


らんざん紅葉だより2014

~嵐山町観光協会が発信するリアルタイム紅葉情報~

title=   

京都の嵐山に似ていることから名づけられた「嵐山渓谷」の魅力は、秋が真骨頂です。嵐山渓谷の周辺は遊歩道が整備されているので安心して散策ができます。都心からわずか1時間とは思えないほどの静寂と心地よい空気のなか、安らぎと癒しの時間をお楽しみ頂けます。バーベキュー場で美味しく召し上がった後の散策にも打ってつけです!


ほかの年の「らんざん紅葉だより」
2016(平成28)2015(平成27)<<|2014(平成26)|>>2013(平成25)2012(平成24)


2014(平成26)年は下のカレンダーにて塗りつぶしで示している日にちにリアルタイムで情報提供させて頂きました。

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 26 27 28
29 30 31        




らんざん紅葉だより(2014年の記録)



2014年12月05日(金)

嵐山渓谷に緩やかな風が吹き渡り、落ち葉が静かに舞い散って初冬が訪れました。今年の紅葉にも感謝です。今年もたくさんのご来訪、そして当ページをたくさんの方々にご覧頂き、誠にありがとうございました。また来年お会いしましょう!

12月05日 AM8時半~10時半頃撮影 気温 7℃ 晴れ
サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

(1) 展望台付近。嵐山渓谷の今年最後の秋を惜しむかのような名残の紅葉です。 (2) 展望台~与謝野晶子散策路にて。落ち葉をザックザックと踏みしめながら往く秋の道を歩くのも一興です。 (3) 展望台越しに塩山(正山)を望む (4) 展望台から塩山(正山)を望む (5) 展望台~与謝野晶子歌碑の散策路から冠水橋を眺める。先週までは葉が残っていましたが、寒さや前日の雨でとうとう落葉し、冬景色に変わりました。 (6) 地面の落葉 (7) 前日の雨で枝に雫が溜まり、クリスマスの電飾のようでした。 (8) 河原から展望台を望む。葉が落ちて、展望台が見えるようになりました。 (9) 冠水橋上流にて (10) 嵐山渓谷に緩やかな風が渡り、木から前日に溜まった雨の雫と枯葉が川に降っていました。 (11) 川に堆積した落ち葉の上を、一葉がゆったりと流れていきました。 (12) 通称「撮影スポット」付近




  

2014年11月28日(金)

前日の雨で落葉してしまった木々もありますが、展望台周辺はまさに錦秋といった装いです。

11月27日 AM6時半~8時半頃撮影 気温 8℃ 晴れ
おおよその目安:見頃(100%)~やや散り始め
サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

(1) 冠水橋のもみじ。前日降った雨が木々の葉を洗い、葉先の雫がキラキラと輝いていました。11/28付ツイッターおよびフェイスブックで発信した画像と同じ木です。 (2) 河原から展望台付近を見上げる。朝日を受けて錦が輝いているようでした。 (3) 冠水橋~展望台の散策路。前日の雨で水分をたっぷりと含んだ木から、日差しを浴びて水蒸気が立ち上っていくさまは、まるで木が白い息を吐いているように見え、幻想的でした。 (4) 展望台にて (5) 展望台付近。今週の初めよりやはり色づきが進み緑の部分が黄金色に変わりました。黄金色から紅へのグラデーションはちょうど今が見頃です。 (6) 展望台付近からもみじ越しに塩山(正山)方面を望む (7) 展望台付近のもみじ。快晴の蒼穹と逆光に透けた紅葉が奏でる秋のファンタジアです。 (8) 展望台~与謝野晶子歌碑の散策路から冠水橋を眺める。木によっては落葉もあり、生い茂っていた木々の隙間から冠水橋が見えるようになり、冬の兆しを告げています。 (9) 展望台~与謝野晶子歌碑の散策路。この区間にはこれからフォトジェニックになる木もあります。





号外

YouTubeで【動く静止画像シリーズ】嵐山渓谷Vol.1~9を公開いたしました。NHK総合テレビで放映しているドキュメンタリー旅番組「小さな旅」に登場するカットのような、いわば“動く静止画像”にしてみました。撮影日は日光が当たらず、一部思うように画質の調整がうまくいかない動画もありますが、岩畳と槻川の清流・周囲の紅葉が織り成す見事な景観と、鳥のさえずりや川のせせらぎしか聞こえない早朝の雰囲気を、動画でご堪能頂ければと思います。

https://www.youtube.com/user/ranzankanko/

11月24日 AM6時半~8時頃撮影 気温 11℃ 曇





2014年11月25日(火)

この連休は「紅葉まつり ウォーク&グルメ」に多くの方にご来場いただきましたこと、この場をお借りしましてお礼申し上げます。イベントは終わりましたが、嵐山渓谷の紅葉はまだまだこれからも綺麗です! 展望台~与謝野晶子歌碑の散策路の木々がだんだん色づいてきました。今週が見ごろです。バーベキュー場駐車場は引き続き無料開放中ですので、散策の拠点としてご利用ください。

11月24日 AM6時半~8時頃撮影 気温 11℃ 曇 おおよその目安:見頃(90%)
サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

(1) 冠水橋付近 (2) 冠水橋にて。徐々に冬の足音が近づいてくるかのようでした。 (3) 冠水橋上流。対岸の散策路を見上げると、だいぶ色づきがよくなってきました。 (4) 県や当協会のポスター撮影地にもなった、通称“撮影スポット”にて。曇り空でしたが今年一番の輝きでした。 (5) 冠水橋付近のもみじ。撮影者が色づきの目安にしている木の1つですが、ほとんど紅くなりました。 (6) 冠水橋付近のもみじ。木の向こうの川のせせらぎが心地よいです。 (7)  展望台付近のもみじ。緑から紅への天然グラデーションです。 (8) 展望台にて。この近辺はこれからがちょうど見ごろです。 (9) 展望台にて。この近辺はこれからがちょうど見ごろです。





2014年11月20日(木)~21(金)

冬の到来を予感させる20日朝の冷え込みで色づきが鮮やかになりました。今年一番の輝きです。大変多くのお客様にご来訪頂いておりますこと、非常に嬉しく、心よりお礼申し上げます。取材中、ご持参頂いたカメラやケータイ・スマホで記念撮影をお手伝いしたり、お客様とお話しさせて頂いたりしましたが、「HPで嵐山渓谷のことを知った」「初めて来てみたけどいいところだ」「川の水がホントに綺麗」とのお声を頂戴致しまして、大変嬉しく思いました。いよいよ23日()、24日(月/振替休日)「紅葉まつり」開催です。スタッフ一同心よりお待ちしております!

11月20日 9~13時頃撮影 気温 10℃ 曇 おおよその目安:見頃(80%)
11月21日 7~10時頃撮影 気温 10℃ 晴れ おおよその目安:見頃(80%)
河原周辺は現在~来週初めがちょうど見頃。冠水橋~展望台~与謝野晶子歌碑は木によって鮮やかに色づいていますが、全体的には来週以降期待できます。
サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

(1) 冠水橋 (2) 展望台付近 (3) 遠山甌穴付近の渓谷。昭和初めの新聞記事で「岩間に雪を吹く激流」と絶賛されました。 (4) 冠水橋上流、通称“撮影スポット”の水鏡。前日の降雨で木々が洗われ、感動する美しさでした。 (5) 冠水橋上流、通称“撮影スポット”の水鏡。前日の降雨で木々が洗われ、感動する美しさでした。 (6) 冠水橋付近のもみじ。撮影者が色づきの目安にしている木の1つですが、光線が当たり幻想的な雰囲気でした。 (7) 冠水橋付近のもみじ。撮影者が色づきの目安にしている木の1つですが、光線が当たり幻想的な雰囲気でした。 (8) 展望台付近のもみじ。撮影者が色づきの目安にしている木の1つですが真紅になり、この周辺の紅葉の本格化を告げています。 (9) 展望台。この周辺は来週以降期待できます。 (10) 木によっては見事に色づいています。 (11) 展望台~与謝野晶子歌碑への散策路。木漏れ日がとても暖かく感じました。 (12) 冠水橋。日差しを受けて色とりどりの秋の装いです。





2014年11月17日(月)

朝晩の冷え込みが強くなり、嵐山渓谷にも極彩色の秋がやってきました。現地で取材しておりますと、各メディアが取り上げてくださっているおかげか、例年になくご来訪頂いているお客様が多いと感じています。大自然の中で美味しいお弁当を広げたり、絵を描いたり、写真を撮ったり、それぞれの楽しみ方で当地を満喫してくださり、とても嬉しく思っております。バーベキュー場の駐車場も無料期間に入りました。23日()、24日(月/振替休日紅葉まつりも開催されますので、この機にぜひ足をお運びください。

11月17日 11~12時頃撮影 気温 12℃ 晴れ おおよその目安:もうすぐ見頃(70%)
河原周辺は今週がちょうど見頃、冠水橋~展望台~与謝野晶子歌碑は来週以降期待できます。 サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

(1) 冠水橋上流 写真愛好家の方だけではなく、絵を描く方にも大人気です (2) 冠水橋上流の撮影スポットにて。大自然の中で広げるお弁当、とても美味しそうでした。 (3) 冠水橋上流の撮影スポットにて。川底が見える清流と紅葉の水鏡とのコラボです。 (4) 冠水橋から下流を望む (5) 冠水橋から上流を望む (6) 撮影者が「標準木」にしている冠水橋付近の紅葉。緑から紅へグラデーションが深くなってきました。 (7) 展望台付近。この付近は来週から本番を迎えそうです。 (8) ときがわ町境の谷川橋にて (9) 遠山甌穴付近の槻川





2014年11月13日(木)

雨上がりの静かな朝でした。

11月12日 6~7時頃撮影 気温 12℃ 雨のち曇り おおよその目安:色づき始め(50%)
サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

(1) 撮影者が「標準木」としている中の1つの冠水橋近くのもみじ (2) 冠水橋(下流方面を望む) (3) 冠水橋(下流方面を望む) (4) 冠水橋上流の撮影スポット (5) 冠水橋上流 (6) 冠水橋上流





2014年11月10日(月)

全体的に5割程度の色づきです。朝晩の冷え込みが厳しくなり、特に河原沿いのもみじの紅が深まってきました。展望台近辺はいよいよこれからが本番です。

11月10日 11~13時頃撮影 気温 20℃ 晴れ おおよその目安:色づき始め(50%)
サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

(1) 冠水橋上流 (2) 冠水橋上流の撮影スポットにて。すでに早い落ち葉が流れていました。 (3) 冠水橋から撮影 (4) 撮影者が「標準木」と名付けている展望台近くのもみじ。5割程度の色づきでしたが、この木が色づくと紅葉はこれから本格的に深まっていきます。 (5) ときがわ町境の谷川橋にて (6) 遠山甌穴付近の槻川





2014年11月4日(火)

嵐山町の起伏に富んだ景色も色づき始めました。

11月4日 PM1~3時頃撮影 気温 18℃ 晴れ おおよその目安:色づき始め(40%)
サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

(1) 嵐山渓谷バーベキュー場 (2) 冠水橋近くから展望台付近を見上げる (3) 冠水橋上流





2014年10月27日(金)

嵐山渓谷の本格的な秋が幕を開けました。すでに部分的に色づき始めています。日中は過ごしやすいポカポカ陽気でした。

10月27日 AM11時15分頃撮影 気温 23℃ 晴れ おおよその目安:色づき始め(30%)
(左)  冠水橋
(中央) 冠水橋上流
(右)  冠水橋付近のもみじ
嵐山渓谷の本格的な秋が幕を開けました。すでに部分的に色づき始めています。 嵐山渓谷の本格的な秋が幕を開けました。すでに部分的に色づき始めています。 嵐山渓谷の本格的な秋が幕を開けました。すでに部分的に色づき始めています。




嵐山渓谷 周辺地図



より大きな地図で 嵐山渓谷 を表示   

「紅葉まつり」は終了いたしました。バーベキュー場も平成26(2014)年11月30日をもちまして今シーズンの営業を終了致しました。


大勢のお客様にご来訪頂きましたことを、この場をお借りしまして心からお礼申し上げます。

近隣の路上駐車は住民の方のご迷惑となりますので、展望台の北にございます「トラスト駐車場」(無料 10台駐車可)を散策の起点としてご活用頂ければと思います。


「紅葉まつり ウォーク&グルメ」
リーフレット(表)(PDF:1.60MB)  


「紅葉まつり ウォーク&グルメ」
リーフレット(裏)(PDF:805KB)  



※大きな地図をご希望の方は、下のサムネイル(縮小画像)をクリックして表示されるPDFファイルを印刷してご利用ください。表裏がそれぞれA4サイズになっております。


嵐山渓谷 紅葉見どころマップ(表)
    (PDF:565KB)  


嵐山渓谷 紅葉見どころマップ(裏)
    (PDF:550KB)  



※特に早朝、降雨の際やその後は、河原の岩場は滑りやすくなっており、遊歩道にも坂道が多いため、歩きやすい服装・履きなれた運動靴などでお越しください。


※路上駐車は近隣住民の迷惑となりますので、駐車場をご利用ください。


※遊歩道は坂道および砂利道が多いため、レンタサイクルの乗り入れは困難です。


※遊歩道内には売店・自動販売機はございません。

▲このページのトップに戻る