都幾川桜堤
  1. 嵐山町旅の達人 ホーム
  2. 観る 
  3. 都幾川桜堤 さくらだより(2017年の記録)


イベントのお知らせ
弓なり状に2kmも続く桜並木は壮観!

都幾川桜堤

弓なり状に2kmも続く桜並木は壮観!

  

嵐山渓谷で有名な槻川(つきかわ)の下流、都幾川右岸(南側)の八幡(はちまん)橋~二瀬橋~学校橋までの全長2kmに、約250本の桜並木(ソメイヨシノ)が連なっています。四半世紀前に地元住民の寄付により記念植樹された若木が今では大変見事になりました。堤が弓なり状になっており、遠くまで桜並木が続いている様子をお楽しみ頂けます。


都幾川桜堤 さくらだより2017



埼玉県嵐山町が誇る「都幾川桜堤」の様子を画像と文章でどこよりもいち早く発信致します。
今年(2017/平成29)は3月21日に東京で全国で最も早く開花しました。目安として例年当地はそれよりもおよそ1週間後に開花します。

今年もご多分に漏れず当地の桜は3月29日に開花、4月8日に満開になりました。

サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。クリックすると拡大されます。

※ブラウザによっては前回閲覧なさったページのまま表示されてしまうことがあります。
[F5]キーを押して頂きますと、最新の情報に更新されます。



2017年4月14日(金)(その2)
(開花状況おおよその目安:満開~散り始め)
まだまだ満開! もうしばらく見頃です PM4~6時頃撮影 気温 23℃ 快晴

日中隣町に所用があり、そちらの桜はだいぶ桜吹雪が舞っていました。当地はどうかなってるかなぁ・・・とふと心配になり、私が抱えていた他の仕事の予定を変更して現地の様子を見に行きました。まだまだ見応えのある桜に引き止められ、私の仕事は明日の宿題になりました。

(人物が写っている画像に関しましては、ご本人様がた(ワンちゃんも?!)に当サイトへの掲載のご許可を頂いております。取材のご協力ありがとうございました)

ソフトフォーカスの似合う春です。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月14日 PM4時頃撮影) 柔らかい陽射しを浴びて、柔らかい陽射しを浴びて、季節はずれの雪のように桜の花びらが静かに舞い散りました。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月14日 PM4時頃撮影) ふっかふかの柔らかい土手はお散歩にうってつけ。ママさんとお子さんの会話も弾みます。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月14日 PM4時頃撮影) ワンちゃんも桜と菜の花の中のお散歩を毎日楽しみにしているようです。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月14日 PM4時頃撮影) 飼い主のお姉さまに優しく撫でられて顔もニッコリ心もホッコリ。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月14日 PM4時頃撮影) ママさんのスマホで記念撮影のお手伝い。さすがお兄ちゃんらしいですね。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月14日 PM4時頃撮影) ときがわ町在住の木坂 倫久(みちひさ)さん。中国ゴマ/ディアボロと呼ばれる大道芸の達人で、15日(土)ときがわ木のむらキャンプ場でのイベントの練習中とのこと。次々と大技を繰り広げていらっしゃり、大迫力でした! ぜひ某動画投稿サイトで。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月14日 PM5時頃撮影) 田に水が入りその水面に桜の花びらが散っています。季節の移ろいを感じる光景です。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月14日 PM5時頃撮影) こちらにも水が入り地面を潤していました。実りが豊かでありますように。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月14日 PM5時頃撮影) お話を伺ったりや記念撮影のお手伝いをさせて頂いたり、大勢の方々とふれあうことができ私の取材はまさに「小さな旅」です。本日お会いしたご遠方からのお客様、時間がなく日暮れまでいられないとおっしゃっていました。私からのささやかなプレゼントです。B&G嵐山海洋センター付近から千騎沢橋方面を望む (2017年4月14日 PM5時頃撮影) カメラのファインダー越しにズームで迫ると、いつもの笠山(画像右)の風景が特別に見えました。さらに撮影した画像をパソコンで修整し、あえて一幅(いっぷく)の絵のようにしてみました。八幡橋~千騎沢橋間 私が勝手に「親子の木」と呼んでいる桜。仲良く手をつないでそろそろお家に帰ろうか。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月14日 PM5時頃撮影)





2017年4月14日(金)(その1)
(開花状況おおよその目安:満開~散り始め)(その1)
まだまだ満開! もうしばらく見頃です AM8時頃撮影 気温 9℃ 快晴

今年の当地の桜は遅咲きでしたが、例年になく長く咲き続けています。今朝様子を見に行ったところ、昨日の穏やかな日和のおかげかそんなに散っていませんでした、今日もどうか大風が吹きませんように。

国道の交差点を曲がり学校橋へ向かう途中の坂道を下っていくと目にする桜並木で、私がその日の開花状況をまず最初に確認している地点でもあります。昨日と変わらない風景になんだかホッとしました。学校橋付近 (2017年4月14日 AM8時頃撮影) 今日も快晴です。どうか風のない穏やかな日和に恵まれ、明日からの週末もご来訪頂く方々の目を楽しませてほしい・・・と願っています。学校橋付近 (2017年4月14日 AM8時頃撮影) 土手や沿道は地域住民の方が散歩コースにもしています。この沿道もおととい(4/12付)レポートしましたとおり、花筏のように散っていたのですがその晩の大風で一掃され、まるで時間が逆戻りしたようです。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月14日 AM8時頃撮影)





2017年4月13日(木)(開花状況おおよその目安:満開~散り始め)
まだまだ満開! もうしばらく見頃です AM6時頃撮影 気温 4℃ 快晴

昨日の強風が「花散らし」となって今日あたり見納めかなぁなどと思っておりましたが、まだまだ花が残っていていい意味で驚きました。「疾風(しっぷう)に勁草(けいそう)を知る」(意味:強い風が吹いて初めて強い草を知ることができる)という中国の故事を思い出しました。

昨日道に散っていた桜の花びらは大風で飛んで行ったようで、道がキレイになっていました。タイムマシンに乗ったかのような不思議な感覚でした。学校橋付近 (2017年4月13日 AM6時頃撮影) 通勤途中に毎朝撮影に来る方と今朝もお会いし、桜は咲いてから1週間は豪雨でも大風でも散らないと教わりました。当地は先週の土曜に満開になりましたので、この一両日大風大雨に見舞われなければ、ひょっとしたら今週末も楽しめるかなぁ・・・などと期待してしまいます。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月13日 AM6時頃撮影) 雨が降ったり大風が降った翌朝は空気が洗われるのでしょうか、空気が凛としていて秩父山系がいつもにも増して麗しく(うるわしく)見えます。二瀬橋上から撮影  (2017年4月13日 AM6時頃撮影) 川のせせらぎと野鳥のさえずり、そして目の前に広がる春らしい光景に癒されました。二瀬橋付近 (2017年4月13日 AM6時頃撮影) 通勤途中に毎朝撮影に来る方と今朝もお会いし、桜は咲いてから1週間は豪雨でも大風でも散らないと教わりました。当地は先週の土曜に満開になりましたので、今日明日大風大雨に見舞われなければ、ひょっとしたら今週末も楽しめるかなぁ・・・などと期待してしまいます。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月13日 AM6時頃撮影) 早咲きの桜は少しだけ散っていますが、遠目から見るとまだまだ見応えがあります。学校橋付近 学校橋付近 (2017年4月13日 AM6時頃撮影) 今朝は風もなく桜の花びらが木から離れるときには花輪を保ちながらプロペラのようにクルクルと回転しながら着地します。土手の叢(くさむら)に落ち、あたかも新種の可憐な植物のようでした。二瀬橋付近 (2017年4月13日 AM6時頃撮影) ちょうど菜の花の上に落ちた桜が花簪(かんざし)に見えました。二瀬橋付近 (2017年4月13日 AM6時頃撮影) ヒヨドリが花を啄み(ついばみ)に来ていました。二瀬橋付近 (2017年4月13日 AM6時頃撮影) 桜の写真ではありませんが、シラサギがさながら都幾川・槻川の番人のようです。二瀬橋付近 (2017年4月13日 AM6時頃撮影) シラサギが羽根を広げている様はとても美しいです。二瀬橋付近 (2017年4月13日 AM6時頃撮影) 桜並木の上空を流離う(さすらう)シラサギ(このあと学校橋付近で見かけましたが、どうやら彼女か奥様?に会いに行ったようです) 二瀬橋付近 (2017年4月13日 AM6時頃撮影)





2017年4月12日(水)(開花状況おおよその目安:満開~散り始め)
AM6時頃撮影 気温 15℃ 晴れ

静かに散り始めていますが、昨日の雨は本格的な「花散らし」とはならず、持ち堪えてくれました。まだこれから数日間は楽しませてくれそうです。

静かに散り始めていますが、昨日の雨は本格的な「花散らし」とはならず、持ち堪えてくれました。まだこれから数日間は楽しませてくれそうです。学校橋付近 (2017年4月12日 AM6時頃撮影) 沿道に散った桜が花筏(いかだ)のようです。学校橋付近 (2017年4月12日 AM6時頃撮影) 30年を経て今ではすっかり大きくなった桜の幹に生命力を感じます。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月12日 AM6時頃撮影) しゃがんで花たちの目線に合わせると、そこにはファンタジーのような世界が醸し出されています。学校橋付近 (2017年4月12日 AM6時頃撮影) 昨日の雨が路面に水鏡となり青空と桜を映していました。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月12日 AM6時頃撮影) 桜の花びらがそよ風に乗り、菜の花畑にライスシャワーのように降り注いで行きました。学校橋付近 (2017年4月12日 AM6時頃撮影) 取材記者渾身の1枚?! 300枚ぐらい撮影した中でようやく宙に舞った花びらにようやくピントが合ったショットです←まぐれ(^^;) 学校橋付近 (2017年4月12日 AM6時頃撮影) 菜の花畑に散った花びらと雨上がりの雫が相まり、朝陽を浴びてキラキラと輝いていました。学校橋付近 (2017年4月12日 AM6時頃撮影)





2017年4月10日(月)(その2)
(開花状況おおよその目安:満開です!)

先に公開しております、同日の取材撮影の続きです。

何kmも長く続く桜は全国各地にありますが、当地は弓なりになっていて、始点からはるか遠くの終点まで見渡すことができます。おそらく全国でもここだけ?!と自慢げに思ったりします。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月10日 PM3時頃撮影) 平日にもかかわらず大勢のお客様がご来訪くださり、静かに桜を愛でて頂きました。耳を澄ますと野鳥たちのさえずりが聴こえてきます。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月10日 PM3時頃撮影) 今年の冬の当地は北風が強い日が多かった気がします。この日も午後から風が吹きましたが、それはすでに柔らかい南からの風でした。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月10日 PM3時頃撮影) 夕陽に照らされ、満開の桜の花がさらにほんのりピンク色に染まりました。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月10日 PM6時頃撮影) 都幾川桜堤と里山の上に広がる夕焼けに郷愁を覚えました。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月10日 PM6時頃撮影) 山懐に抱かれた桜の木がまるで両手で山を抱いているかのようです。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月10日 PM6時頃撮影) 嵐山町には失われつつある日本の原風景が残っています。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月10日 PM6時頃撮影) 夕暮れは1日のうちほんのわずかな時間です。ゴージャスなグラデーションが空いっぱいに広がりました。二瀬橋~学校橋間 (2017年4月10日 PM6時頃撮影) 菜の花畑にぽっかり浮かんだ14番目の月はあたかも満月に見え「おぼろ月夜」の歌詞そのものでした。学校橋付近 (2017年4月10日 PM6時頃撮影)





2017年4月10日(月)(その1)
(開花状況おおよその目安:満開です!)

見事になった都幾川桜堤の満開の桜景色をカメラに収めたくて、日中何回も取材に訪れました。

新しい1日の始まりです。雲の切れ間から日が差して神々しい光景でした。二瀬橋付近 (2017年4月10日 AM6時頃撮影) 平日にもかかわらず大勢のお客様に来ていただきました。学校橋付近 (2017年4月10日 PM3時頃撮影) 都幾川の水面を南風が揺らし、陽光がキラキラと煌めいていました。学校橋付近 (2017年4月10日 PM3時頃撮影) 入学式の日に当地にお立ち寄り頂いたようです。満開の見事な桜が大切な記念日を祝福しています(HP掲載のご快諾ありがとうございました)。学校橋付近 (2017年4月10日 PM3時頃撮影) 「早く見たい!」と少女が脇目も振らずに桜のもとに駆け寄っていきました。学校橋付近  (2017年4月10日 PM3時頃撮影) 思い思いの桜の楽しみ方がありますね。学校橋付近 (2017年4月10日 PM3時頃撮影)





2017年4月9日(日)
(開花状況おおよその目安:満開です!)

昨年もそうでしたが、見頃を迎えた今年の土日の日中もおおむね曇り空で、両日とも明け方降っていた雨が止んだのがせめてもの救いでした。日が暮れるまで撮影や散歩を楽しむ方がたくさんいらっしゃいました。

AM7時頃撮影 気温 13℃ 小雨
都幾川桜堤|走り続けていたジョギング中の方が歩いて小休止。土手沿いで満開の桜がエールを送っていました。 (2017年4月9日 AM7時頃撮影) 都幾川桜堤|土筆も顔を出しています。草露に囲まれてう“つくし”~! なんちゃって(#^.^#)  千騎沢橋~二瀬橋間(2017年4月9日 AM7時頃撮影) 都幾川桜堤|土手や桜の木の根元に植えられている水仙も満開です。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月9日 AM7時頃撮影) 都幾川桜堤|小耳を澄ますと、まるで花たちが会話を楽しんでいるかのようでした。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月9日 AM7時頃撮影) 今年の週末の朝は雨模様でした。二瀬橋より上流方面を望む (2017年4月9日 AM7時頃撮影) 都幾川桜堤|「嵐山」の地名の由来になった「大平山(おおびらやま)」を桜が両手で優しく包みこんでいるかのように見えました。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月9日 AM7時頃撮影)


PM5時頃撮影 気温 17℃ 曇り
都幾川桜堤|午後には雨が上がり、霞が晴れました。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月9日 PM5時頃撮影) ほんのわずかですがもう葉桜になっている早咲きの木もあります。ずっと満開のままでいてほしいですね。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月9日 PM5時頃撮影) 都幾川桜堤|当地の桜並木は長閑(のどか)な風景の中に広がっています。千騎沢橋~二瀬橋間  (2017年4月9日 PM5時頃撮影) 都幾川桜堤|私は勝手に「親子の木」と呼んでいます。お子さんの若葉が目に鮮やかです。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月9日 PM5時頃撮影) 都幾川桜堤|パパさんの高い高いにお子さんがすごくはしゃいでいました。なんとも微笑ましい光景でした(HP掲載のご快諾ありがとうございました)。千騎沢橋~二瀬橋間 (2017年4月9日 PM5時頃撮影) 都幾川桜堤|年々お客様の数が増えてきており、地元在住の身としましては大変嬉しく思っております。ご来訪誠にありがとうございました。学校橋付近 (2017年4月9日 PM5時頃撮影)





2017年4月8日(土)
(開花状況おおよその目安:8分咲き~満開です!)AM6時頃撮影 気温 13℃ 曇り

好天には恵まれませんでしたが、明け方まで降っていた雨はなんとか止んでくれました。この1日で桜は満開になり、都幾川桜堤が一気に春の装いになりました

サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

都幾川桜堤|あいにくの天候でしたが満開になりました。ずっと続いている遠くの桜並木が雨霞に煙り、空に溶けていくかのようでした。二瀬橋付近 (2017年4月8日撮影) 都幾川桜堤|土手が一気にやわらかな春の装いになりました。二瀬橋付近 (2017年4月8日撮影) 都幾川桜堤|咲き方に開きがあり、気が早い桜だともう散り始めていますが、全体的にはここ数日が満開で見頃です。二瀬橋付近  (2017年4月8日撮影) 都幾川桜堤|雨が降り注ぎ、開いた花に水玉ができていました。二瀬橋付近 (2017年4月8日撮影) 花が受け止めた雨が雫となって地面に落ちていきました。二瀬橋付近 (2017年4月8日撮影) 都幾川桜堤|水たまりにも桜が映り、花からしたたり落ちた雫が波紋になりました。二瀬橋付近 (2017年4月8日撮影)





2017年4月7日(金)
(開花状況おおよその目安:6~7分咲き)AM6時頃撮影 気温 11℃ 曇り

本日も都内で仕事のため、出かける前に様子を見に行きました。昨晩は暗くてあまりよくわかりませんでしたが、全体的に6~7分咲きになっていました。

サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。
(人物が写っている画像に関しましては、ご本人様がたに当サイトへの掲載のご許可を頂いております。取材のご協力ありがとうございました)

都幾川桜堤|いつもの場所。学校橋付近より  (2017年4月7日撮影) 学校橋から上流方面を望む。地元の方々の朝の散歩コースになっていて、行き交う方々と「ずいぶん咲きましたね」とあいさつをしながら撮影しました (2017年4月7日撮影) 都幾川桜堤|何kmも続く長い桜堤は日本各地にありますが、当地ご自慢の(たぶん日本で唯一?)弓なり状の桜並木。ずっと遠くまで続いている様子を見ることができます。学校橋付近から望遠レンズで撮影。 (2017年4月7日撮影)





2017年4月6日(木)
(開花状況おおよその目安:6~7分咲き)PM8時頃撮影 気温 18℃ 曇り

さくらまつり期間中は、18~21時の間、一部(学校橋付近にて)ライトアップがあります。日中は他の仕事があり、高い建物の上から都内の満開の桜の様子を観察して「都幾川桜堤はやはり少し時差があるな」とのんびり構えていましたが、嵐山に戻って夜桜を見に行ったところ、ずいぶん華やかになっていて驚きました。

サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

都幾川桜堤|土手でほっこり気分。のんびりゆったりできる場所ですね。学校橋付近より  (2017年4月6日撮影) 先月以前の寒々とした風景が春めいたパステルカラーに色づきました。学校橋付近より  (2017年4月6日撮影) 都幾川桜堤|この日は夜風が強く菜の花がなびきました。遠くにライトアップされた桜並木と宴をしているかのようでした。学校橋付近より (2017年4月6日撮影)





2017年4月5日(水)
(開花状況おおよその目安:3~4分咲き)PM3時頃撮影 気温 18℃ 晴れ

昨日同様穏やかな日和で、暖かさが桜の花をほころばせています。町内でも8分咲き~満開の桜があちこちに見られますが、川風のせいもあり都幾川桜堤には時差があります。ひょっとしたら今週末満開のタイミングが合うんじゃないかなぁ…、なんて期待してます。

サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。
(人物が写っている画像に関しましては、ご本人様がたに当サイトへの掲載のご許可を頂いております。取材のご協力ありがとうございました)

都幾川桜堤|土手でほっこり気分。のんびりゆったりできる場所ですね。学校橋付近より  (2017年4月5日撮影) 先月以前の寒々とした風景が春めいたパステルカラーに色づきました。学校橋付近より  (2017年4月5日撮影) 都幾川桜堤|菜の花畑の間の道を仲良くお散歩。会話も弾みますね。学校橋付近より (2017年4月5日撮影)





2017年4月4日(火)
(開花状況おおよその目安:1~2分咲き)AM10時頃撮影 気温 18℃ 晴れ

全国で今年一番早く開花した都内では満開の便りが聞かれますが、当地は先週末冬へ逆戻りしたせいか、開花スピードも例年よりゆったりしている感じがします。でも今日は風もなくポカポカ陽気に恵まれ、土手で大勢のお客様が気持ちよさそうにレジャーシートとお弁当を広げていました。

サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。
(人物が写っている画像に関しましては、ご本人様がたに当サイトへの掲載のご許可を頂いております。取材のご協力ありがとうございました)

都幾川桜堤|桜はまだまだですが、桜の花のようなおキレイな方々にお会いできてよかったです(*^.^*)  沢山頂き物をしました。ごちそうさまでした! 二瀬橋~学校橋間 (2017年4月4日撮影) 殿方はお酒も進んで頬が桜色でした。クルマ&仕事中でなかったら遠慮なく頂いていました(?!)が、アルコールの入っていないお飲み物ありがとうございました 二瀬橋~学校橋間 (2017年4月4日撮影) 都幾川桜堤|お上手な絵ですね(^^)d 桜はまだ完全に咲いていませんが、作品ではどうぞ満開にしてください。学校橋付近 (2017年4月4日撮影)





2017年4月2日(日)
(開花状況おおよその目安:1~2分咲き)PM1時頃撮影 気温 18℃ 晴れ

観光協会も協賛しております昨日の「嵐山さくらまつり 花火大会」は悪天候にもかかわらず、大勢のお客様にお越し頂きましたこと感謝いたします。私も地元在住ですので、今朝は町内のボランティアの方々に混じってゴミ拾いを(ほんの少しだけ…)お手伝いしてまいりました。キレイな嵐山でお待ちしております。

サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

都幾川桜堤|学校橋付近の都幾川桜堤最東端の木。昨日の冬のような寒さに時間が止まってしまったようです。(2017年4月2日撮影) 都幾川桜堤|学校橋付近の都幾川桜堤最東端の木。ほんの少しですが開いている花も見られました。 (2017年4月2日撮影) 都幾川桜堤|B&G海洋センター付近から八幡橋方面を望む。遠くの山並みにおそらく昨日降ったなごりの雪が確認できました。 (2017年4月2日撮影)





2017年3月30日(木)  咲き始め
(開花状況おおよその目安:咲き始め)PM5時頃撮影 気温 19℃ 晴れ

連日のポカポカ陽気に誘われて開花が進むか?!と思いきや、昨日から比べてそれほどでもありませんでした。桜には桜のゆったりした時間があるようです。焦ってはいけませんね(笑) 

サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

都幾川桜堤|蕾が丸くなり、遠目から見てもだいぶわかるようになりました。千騎沢橋付近  (2017年3月30日撮影) 昨日開花宣言した桜の木。開きかけていた花が一早く咲きました。千騎沢橋付近 (2017年3月30日撮影) 都幾川桜堤|左岸(二瀬付近一帯)にも桜の苗木が植えられました。今から30年前の都幾川桜堤を彷彿とさせます。千騎沢橋~二瀬間(2017年3月30日撮影) 都幾川桜堤|桜堤は後世に残してあげたい嵐山の宝。苗木も子どもたちも健やかに育ちますように…。背景は「嵐山」の地名の由来になった「大平山(おおびらやま) (2017年3月30日撮影) 都幾川桜堤|苗木にも小さな花がけなげに咲いていました。ふと夕陽に目を見やると空も桜色に染まっていました。(2017年3月30日撮影) 都幾川桜堤|【番外編】都幾川桜堤近くの「B&G嵐山海洋センター」ののり面に植樹されている桜は一足先に満開となっています  (2017年3月30日撮影)





2017年3月29日(水)  咲き始め
(開花状況おおよその目安:咲き始め)PM1時頃撮影 気温 14℃ 晴れ

昨日(3/28)熊谷(当地の気象管区)の開花が発表されました。当地は例年その数日後で、昨日今日と温暖な日和に恵まれたこともあり「たぶん今日あたりだろう」と慎重に探したところ・・・やっぱりありました! 私(取材撮影・WEB担当)が勝手に標準木にしている木の蕾がはじけ、花びらが確認できました。よって、今年の当地の開花日は3月29日ということにさせて頂きたいと思います(勝手に開花宣言)。

サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。
(人物が写っている画像に関しましては、ご本人様がたに当サイトへの掲載のご許可を頂いております。取材のご協力ありがとうございました)

都幾川桜堤|例年一番早く咲く桜の木 千騎沢橋の桜 私が標準木にしている他の木々にも開花が確認できました。(2017年3月29日撮影) 都幾川桜堤|お散歩中の方々に教えて差し上げました。桜の話題で会話が弾みました。(2017年3月29日撮影) 都幾川桜堤|桜堤脇の菜の花のじゅうたんが見事になりました。桜とのコラボが楽しみですね。学校橋付近(2017年3月29日撮影)





2017年3月28日(火)  つぼみ
(開花状況おおよその目安:つぼみ)PM1時頃撮影 気温 14℃ 晴れ

全体的に蕾が真ん丸くなり、今にもはじけそうです。例年一番早く咲く桜の木を見に行きましたが、もう間もなくです。また夕方見に行こうかな。

サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

都幾川桜堤|二瀬橋付近の桜。二瀬橋付近の桜。二瀬橋付近の桜。今年は一番花を探しにいらっしゃる方が昨年より多い印象でした。(2017年3月28日撮影) 都幾川桜堤|例年一番早く咲く桜の木(八幡橋~千騎沢橋間) 蕾から桜色の花びらが顔を出しています。(2017年3月28日撮影) 都幾川桜堤|例年一番早く咲く桜の木(千騎沢橋~二瀬橋間) 蕾たちが陽光のシグナルを受け、静かに花開く瞬間を待っているかのようです。(2017年3月28日撮影)





2017年3月24日(金)  つぼみ
(開花状況おおよその目安:つぼみ)AM9時頃撮影 気温 8℃ 晴れ

昨年は今日と同じ日(2016/3/24)が開花日でしたが、今年はもう間もなくといったところです。菜の花畑や水仙が土手沿いに春らしい彩を添えていますが、今朝から当地は強い北風が吹きすさび、冬と春のはざまにいるような気がしました。

サムネイル(縮小画像)にマウスポインタを当てると詳しい場所などの解説が表示されます。
クリックすると拡大されます。

都幾川桜堤|学校橋より上流方面を望む。ここから都幾川沿いに2km続く桜が咲くと圧巻です。(2017年3月24日撮影) 都幾川桜堤|学校橋たもとの桜。菜の花と水仙が咲き、桜の蕾もそれにつられてほころび始めています。(2017年3月24日撮影) 都幾川桜堤|堤沿いの道路は狭く駐車すると他の車両の通行の妨げになります。また、菜の花畑は私有地です。入ったり摘んだりしないでください。ルールとマナーを守って楽しく鑑賞してください。ルールとマナーを守って楽しく鑑賞してください。(2017年3月24日撮影)





都幾川桜堤 昨年以前の桜開花状況


2017年 嵐山さくらまつり


所在地

埼玉県比企郡嵐山町大蔵~鎌形 地図

交通アクセス(電車)

東武東上線 武蔵嵐山駅(駅番号:TJ-32)西口下車 徒歩20分

交通アクセス(車)

関越自動車道 東松山ICから国道254号経由約10分

駐車場

あり(学校橋駐車場200台・有料400円)4月1日()交通規制あり

料金

無料

花の時期・見頃

3月下旬~4月上旬

本数

252本

主な種類

ソメイヨシノ

料金

無料

時間

散策自由

ライトアップ

あり

夜桜見物のみどころ

ぼんぼりで学校橋~二瀬橋間(936mの区間)をライトアップ

点灯期間

3月25日()~4月9日(

点灯時間

18:00~21:00

注意事項

ゴミの持ち帰り、火気厳禁、騒音・迷惑行為の禁止

露店

4月1日()に出店あり

さくらまつり

嵐山さくらまつり

さくらまつり期間

3月25日()~4月9日(

時間・内容

4月1日()には花火大会、模擬店やご当地グルメ、太鼓演奏、ハイキングなどのイベントが行われる。

ホームページ

http://ranzansakura.iinaa.net/

主催

嵐山さくらまつり実行委員会(嵐山町商工会内)0493-62-2895

▲このページのトップに戻る


都幾川桜堤 地図



より大きな地図で 都幾川桜堤 を表示    ▲このページのトップに戻る